酒豪ガールの大告白~セックスで満たされると勘違いしていたあの頃 Byみお~

セックスで満たされるって思っていたのはここ2,3年前くらいでしょうか。



学生時代はとにかく好奇心が強く盛んだったのでヤリまくりでした。笑



そもそもそうなったきっかけは、中学から付き合っていた彼との別れからです!

みおは彼と別れるまではいたって普通&彼一筋の恋する女子でした。

他の男性には興味なかったし、友達とつるんで遊ぶ事もしなかったし、ただただ真面目でした。



でもある日気付きました!

『このまま本当に彼一筋で良いのか?』



彼以外を知らず世の中にでて途中で道を外したら?

逆に彼がみおを裏切ってきたら放心状態になりそう?

などいろいろ考えました。



そして導きだした結果が

『視野を広げてもっと遊ぶべき!好きなだけ遊んだら遊んだ分だけ自分の経験になるからより良い結果に繋げられるはず!悔いのない人生を!』



そうと決まれば、まず彼にお別れを告げました!

当時はまだピュアだったので浮気状態なんで耐えられませんでした。

なので、一度きれいにお別れする事にしました。



「○○君の事が嫌いになったんじゃないよ!みおがもっと遊びを知っておくべきだって思ったの・・・・。このまま、何も経験せずに一緒になるってなったら途中で後悔する点も出てくるし、途中浮気だってしちゃうかもよ!



中学っていう狭い世界で出会って好きになった○○君!っていう存在より

やっぱり○○君が一番♡ ○○君しかいない♡っていう存在になってもらいたいの!だからいろいろ経験をして最後は○○君をみおは選びたいの!」





っと説得しました。彼は理解するのに時間かかりましたが最後は、『お互い26歳になってフリーだったらよりを戻して結婚しよう!』の約束で別れてくれました!w





そこからは・・・・・遊びまくりです!笑

合コン、サールク、街ブラ、ナンパBarなどいろいろ経験!



その都度誰かと関係を持ち、今までにはなかった充実感に浸っていました。





セックスするたびに、している間相手はみおだけの事を見て考えていてくれる。

だからみおも彼を気持ち良くさせたい!満足させてあげたい!っという一心で身体を使いました。


身体同士が触れ合うたびに身体の暖かさと心の情熱的な熱さが感じられて、普通の状態では感じられない感覚がパーッンと弾けるみたいで、それがクセになってしまいました。

今までなかった気分で満たされていました。



でも経験回数が増え始めた頃、気付いたのは男性にはアフターケアの違いがハッキリあると言う事!

雑な男性〈もろうわべだけ・・・この程度でいいでしょ感だしまくり〉と丁寧な男性〈身体密着は当たり前!朝起きてバイバイするまでの一緒にいる時間がとにかく長い〉の2種に分けられ、みおの場合は前者が多かったです(  ;)シクシク。



これに気付くと、せっかくセックスするなら丁寧な男性とが良いと思う様になりました。

既に身体だけの満たされた気持ちは経験済みなので、もっとそれ以上に心も満たされたい願望が強くなりはじめました。



これにたどり着くのに何人と寝た事か(  ;)

『身体が気持ち良くなれば、心も相手と繋がっているはず!』

『きっと彼もみおの事良いと思って寝たはず!』

『次の進展ありそう!』


まだまだ純粋な考えでしたね。。。
みおのセックスに対する考えはそんな程度でした。


今のみおからは考えられませんが、こう言う過程を踏んだから気付けました。

ただ身体で満たされても意味がないって!!

だから今は心も満たされるセックスを目指しています!!
それは、一瞬で良いんです!
セックスしてる時だけで!!


みおにとってのセックスは、身体も心も満たされる行為でありたいです。


みなさんが考えるセックスってなんでしょうか?(・・)


みお