酒豪ガールの大告白~実は私処女失っていました③~

皆様こんにちは。りのです。

 

ベッキーさんの不倫騒動で「処女喪失事件」を思い出してしまったので書くことにしました。

 

 

なぜ思い出したかは最後まで読んでいただければわかると思います。

 

 

このブログをお待ちいただいた方には申し訳なく思っております。

早く早くという声を前からいただいておりましたが、気分がのらずに書けていませんでした。

 

 

 

この事件についてももう第三弾です。

今回で完結する予定です。

 

 

 

 

前回までのあらすじ

 

7月某日、だいすけさん(29歳/会社経営/顔中上)とは2回目のデートでした。広尾の隠れ家フレンチを予約してくれていた彼と楽しくお話しをして、2軒目は行きつけのワインバーへいきました。そこでは深い話をして、帰り道告白されお付き合いをすることになりました。

そのまま彼の家にお邪魔したのですが部屋がヤリチン部屋でした。正直、驚きましたが朝まで一緒に過ごし(エッチはしていません)たくさんお話しして、私の中でも彼とお付き合いしていくことを決心しました。

(↓まだ読んでいない方は下記をご覧ください。)

 

 

 

 

 

8月頭、前回約束した彼とのドライブデート。

 

 

 

お家の近くまで迎えに来てくれて、鎌倉まで行きました。

 

 

ドライブデートなのでショートパンツにしました。

座っているときに太ももが見えますが、スカートみたいに上に上がってこないのでドライブの時はショートパンツと決めています♡

 

 

 

他にもドライブデートの時気を使っていることがいくつかありますので書いておきます。

 

①香水は付けるとしてもかなり少なめにつけること

⇒密室なので普段より香りがきつく感じます。服の柔軟剤レベルでも十分なくらいです。

②飲み物をとる時はキャップをとって渡す。食べ物は袋からあけて食べさせてあげる。

⇒これは常識ですね。

③カーナビを確認して道を曲がる付近では話しかけないようにする。

⇒彼が走りなれていない道路の場合、特に注意します。

④車を降りるときは彼より後に降りて「ありがとう」を忘れない。

⇒運転ってすごく疲れるので節目節目でありがとうは必須です。

 

 

 

りのは、こんな感じの事を気にしながらドライブデートをしています。

 

 

 

この日は、鎌倉についてお昼ご飯を食べて、お散歩したりとゆっくり時間を過ごしました。

 

 

だいすけ「りのちゃんは本当に気が利くね。ドライブって相手の嫌なところ見えるから、こんなに心地よく運転できるなんて今までなかったかも。」

 

りの「ほんとですか?ありがとうございます。ドライブが好きで小さいころから父によく連れて行ってもらっていて、色々怒られたので無意識に体が動いちゃうんですかね?(笑)」

 

だいすけ「りのちゃん。今度は軽井沢あたりに旅行行こうか?」

 

りの「嬉しい♡行きたいです。1日中だいすけさんと一緒にいれるのすごく楽しみです♡」

 

 

だいすけさんに電話がかかってきました。

画面をみて顔色が変わったように思えました。

 

 

 

だいすけ「ごめん。ちょっと待ってて。電話してくるね」

 

(私に聞かれたらまずい電話ってこと?どういうこと?)

 

 

 

 

 

だいすけ「おまたせ。ごめんねりのちゃん。社員から電話で、今トラブっているらしく、すぐに向かわなき行けなくなっちゃったんだ」

 

りの「そうですか。大丈夫ですよ。とりあえず急がないとですよね?帰りましょう!」

 

だいすけ「りのちゃん。ありがとう」

 

 

この日は、夕方でだいすけさんとバイバイしました。

 

りの「今日はもっと一緒にいたかったけどお仕事ですもんね。我慢します。」

 

だいすけ「我慢させちゃってごめんね。埋め合わせはするからね。」

 

 

だいすけさんはギュッとしてくれてお家の前でバイバイしました。

 

 

翌日LINEがきました。

 

だいすけ「昨日はゴメンね。明日空いてたら夜飯食べに行こう」

 

りの「すねてました~♡嘘です。大丈夫ですよ♡明日は空いてないんです。明後日から実家に帰るので翌週なら平気です。」

 

だいすけ「そっか。しばらく会えないのか・・・・・・ゆっくり親孝行してきてね。」

 

 

お盆休みだったので実家に1週間近く帰ることになっていました。

 

 

 

実家に帰っている時、最後にだいすけさんに送ったLINEが既読にならないのでおかしいなと思いましたが、地元で友達と会ったり家族旅行していたので特に気にならずにいました。

 

お盆休み最終日に、だいすけさんからLINEが来ました。

 

だいすけ「そろそろ東京帰ってきたころかな?ご家族は元気そうだった?」

 

 

 

 

返事をして、その日は夜電話をしました。

 

 

だいすけさんは週に最低2回は必ず電話をくれる人です。

LINEも基本毎日数通やりとりしていました。

 

 

8月後半にディナーデートで美味しい日本食屋さんに連れて行ってもらいました。翌日が仕事だったのでその日は終電でバイバイしました。

 

昼間、ランチやカフェで軽井沢旅行の計画を練るのもすごく楽しく、9月前半に休みをとって軽井沢に行きました。

 

 

 

 

 

とうとうその軽井沢旅行で・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

だいすけさんと結ばれました。

(この表現であってますかね?お恥ずかしいです。)

 

 

 

詳細は伏せさせてください。 

 

書けるところまで軽く書くと「高校生の時、途中までしたけどすごく痛くてできませんでした。それから大学時代もあの痛さが怖くて出来なくて、今日もちゃんと出来るかわかりません」と伝えました。

 

めんどくさいと思われたらどうしようとかフラれるかもしれないと思い、言うのは怖かったのですがどっちにしろバレてしまうのでお酒を飲んだ勢いで言いました。

 

たぶん驚いていましたが行為を始めて彼は悟ったようです。

優しく優しくしてくれて、大丈夫でした。

 

 

それよりも高校時代のあいつは穴を間違えていたのではないかと思ったくらいです。

 

 

こんな感じで処女は喪失しましたが、素敵な日になりました。

 

 

旅行から帰ってきた後もご飯に行ったり、昼間ゴルフを教えてもらったり、ピクニックにも行きました。もちろんエッチもしました。

 

 

 

幸せな毎日でした。

 

 

 

 

そんなとき不安な出来事が起こりました。

 

 

 

 

 

シルバーウィーク中です。

 

また急にLINEに既読がつかなくなりました。

 

この前のお盆休みも既読にならなかった期間があった事を思い出し、不安に思い電話をかけましたが出ません。

 

シルバーウィークは休みがなく仕事だと言っていたのですが、彼は経営者なので仕事中でも電話やLINEはできます。

 

 

冷静になると長期休みだけこの事件が起こることはすぐに気づきました。

そういえば土日も2週間に1回は会いますが会わない週末もあり、そのときもLINEが返ってくるのは夜だったことを思い出しました。

車も趣味なのかもしれないですが、大きい車でした。

 

 

これまでは気にもとめていなかったことが一気に気になり始めました。

 

 

 

考えれば考えるほど、良くないことが頭をよぎります。

 

 

でも、旅行も行ったし。

 

でも、お家は確認済だし、何回か泊まったし。

 

でも、付き合ってから1か月以上はエッチ待ってくれたし。

 

でも、いつも愛情すごく注いでくれてるし。

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・わかりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考えても考えてもわかりません。

 

 

 

 

 

 

 

今回で終わりにするつもりでしたが長くなってしまったので4話完結にさせてください。すみません。

 

 

つづく

 

りの