酒豪ガールの大告白~私がモテる5つの理由~

みなさんこんにちは。

りのです。

 

久しぶりの投稿ですがペアーズで面白いネタがない為、違う切り口でブログを書こうと思います。

 

このタイトルは「モテる定義」の違いにより不適切と感じる方もいると思いますが「食事に誘われること」「セックスしたいと思われること」「多くの男性から連絡が絶えないこと」《モテ》とするならば読み進めてください。

 

人によっては「私がモテると勘違いする理由」が正しいタイトルかもしれません。

先ほど記載したことが《モテ》ではなく「1人の人からとんでもなく愛され愛すること」《モテ》なのかもしれないからです。

後者だと思っている方はタイトルを置き変えて読んでください。

 

それでは本題に入りたいと思います。

 

私は決してナチュラルモテではありません。

自ら行動を起こしたり言動によってモテを引き寄せているだけです。

 

「可愛いは作れる」っと同じように「モテは作れる」っと思っています。

 

 

 

 

私がモテる理由①~積極的に出会いの場に行く~

 

まず出会わないことには何も始まりません。

 

「だって出会いがないんだもん」「でもいい男がいないんだもん」「イケメン拾ってくれないかな?」

こんなフレーズ聞き覚えある方も多いのではないでしょうか?

 

絶世の美女でも男性に会わないとこにはアプローチさえされません。

私は出会うことに徹しています。

 

「友達の紹介」「合コン」「SNSでの恋活」「人が集まるイベントに行く」「昔の男にお願いする」「婚活パーティー」「異業種交流会」「友達の開くパーティー」「自らのイベント企画」「ナンパ待ち」「逆ナン」「出会いのある店に行く」「電車の中」「会社の飲み会に積極的に参加」「クラブ」

 

私は異常なのでやると決めたらとことんやります。

 

今までで特にハマったもの

「合コン」最盛期で週10回、平日基本1回、金曜19時~と22時~、土日BBQやランチ合コン含む各2回ずつ

「街コン」大学3年くらいの時にほぼ毎週末行ってました。

「パーティー」基本週末なので最盛期で週2回必ず行ってました。

「ナンパ待ち」大学生時代に終電までは銀座、終電で六本木に移動を毎週末のようにやってました。

SNSでの恋活」これは一番最近ハマってましたが毎日50人以上とメッセージして週7人と会ったこともあります。

 

この出会いへの貪欲さに寄り出会う男性の数は普通の女性の何十倍もあります。

これを聞くだけでも「そりゃモテるわ!」っと思いますよね?

 

 

 

 

私がモテる理由②~出会いの場ではどんな不細工にもいい顔をする~

 

合コンや婚活パーティー、街コンなどにいくと必ず「普通に生きていたら同じ空気すら吸うことがないような男性」にも出会います。

こういう出会いに積極的な場だとそのような男性とも話さなくてはいけない状況になります。

そんなとき大体の女性は「嫌な顔をして逃げる」もしくは街コンなどでは目の前にそんな男性が来たら話さずに席を立つと思います。

その中で私は徹底的にいい顔をします。

どんなにキモくて話がつまらなくてもお話をします。

 

普段話さないような相手だからこそ得られることや、意外と好きになることもあるかもしれないしフィルターはかけずに素直に話すのもいいのではないでしょうか?

 

っという「キレイゴト」は置いておいて

①不細工の思想を知る

②口下手不細工と楽しく話せたら誰とでも楽しく話せる

③せっかく勇気を出してこの場に来た不細工なのに冷たくしたら可哀そうだしショックで引きこもっちゃうかもという憐み

④不細工にも笑顔で対応するいい子アピール

⑤不細工の顔を観察してこの不細工はなぜ不細工なのかを考えて楽しむ。観察日記みたいな気分で。

⑥不細工を盛り上げてテンションあがっているのをみて楽しむ

 

本当はこんな最低なことを考えて不細工と話しているのですが本人と周りにばれなければいいんです。

バレることなんて絶対にないですし♥

 

不細工は「女の子と楽しくしゃべれている。俺でもこんなに楽しませることができるのか。」っと自信を持ってくれるでしょう。

 

周りのイケメンたちは「あの子誰とでも楽しそうに話していてすごくいい子なんだな。」っといいイメージを持たれるでしょう。

 

なので不細工にこそやさしくすべし♥

 

あっ、マイナス面ももちろんあります。

*不細工が本気になってしまう

*他の不細工があの子だったら俺もイケるかもっと期待してしまう

不細工のガラスのハートを上手くかわせる自信がないと難しいと思います。

「ストーカー化」も考えられますのでコミュニケーション能力と不細工に尊敬され恋愛対象ではなく恋愛の神様の立ち位置になれる私だからこその技かもしれません。

 

 

 

 

私がモテる理由③~男性に合わせて変身する~

 

変身?って思う男性たくさんいましたよね?

洋服やメイクによる変身はモテる女はみんなやっています。

 

男の人の言う「タイプ」って実は、顔のパーツはある一定以上あればよくて、ほとんどが「服や化粧髪型で作られる雰囲気」の事なのです。

 

デート前に男性に合わせて雰囲気を作りこめた場合かなりの確率で「ニヤリ」が来ます。

デート前に調べておきたいのは男性のタイプだけといっても間違えではありません。

 

例えば最近あった例

 

A君「ワンピースが好き/かわいらしい子が好き」:この場合9割は石原さとみ好きです。

白ピンク系のAラインふわふわファッション+ゆる巻ヘア+ヒールは7cm程度のパンプス+小さめBAG+メイクはナチュラルぷるるんメイク

 

B君「タイトスカートいいよね/セクシーだとそそられる」:この場合9割はおしりフェチのエロ大人系好きです。

白のタイトスカート+紺のノースリニット+大ぶりのアクセサリー+しっかり目の巻き髪+メイクはセクシーネコ目メイク

 

C君「ミニスカートとかショーパンが好き/守りたい感じのこがいいな」:完全なる脚フェチでちょいダサ好き。

ショートパンツ+ざっくりニット+ブーツ+ヘアはゆる巻+メイクは目と唇重視

 

D君「キャリアウーマン系の細身パンツ好き」:トータルスタイル重視の男性。

細身パンツ+シンプルパンプス+ニットトップスで体のライン出す+ストレートセンターパーツヘア+すっぴん風きれい肌メイク

 

こんな感じで「好きな服装」「好きなタイプの女性」からBESTな服装を割出し彼に合わせた服やメイクをチョイスして出陣します。

 

どんな相手とデートに行く場合でもこの作業は怠りません。

 

「待ち合わせを制する者はデートを制する」

 

正直1回目のデートは見た目、2回目のデートで性格を見られると思ってもいいです。

 

私は徹底するために当日デート前に服を調達したり数日前に友達に借りに行ったり、時間がどうしてもないとネットで注文したりします。

チークの色やアイシャドウの色が服と合わなければ買いに行きます。

 

やりすぎですか?

いや、私はそうは思いません。

 

男性は「女子の好みを聞いて、お店を失敗しないように調べて予約して道を間違えないようにイメトレして二軒目もピックアップしておいて多めに支払うか全額支払う」んですよ。

 

女性も1つのデートに対して多少の努力と出費は当たり前だと思います。

なのでわたしは男性がやるべきことを怠った場合はすかさず「ブロック」させていただきます。

 

 

 

 

私がモテる理由④~最低限の知識と常識を身につける~

 

デートや合コンで前もって相手の情報がわかる場合は会話が弾むように勉強をしてから行きます。

彼の業界の知識はもちろんですが今までLINEで話した内容を振り返って失礼がないようにします。

 

「彼の業界の知識」

 

そもそも男性は女性に知性を期待していません。「どうせ話してもわからないだろう」「女の子でも楽しめる話をしなきゃ」っと言う感じで、まさか相手の女子が自分の仕事の話に理解を示し会話が成り立つなんて思っていません。

 

ただし、これはかなりリスクがあるので知ったかぶりはしないようにしましょう。逆効果になります。

 

あくまで話すときは「あ、それ取引先の人から聞いたことがある!〇〇とかだっけ??」や「へ~なんかこういう話あんまり聞く機会ないから楽しい♡〇〇っていうことはもしかして〇〇も同じような感じだよね?」っとか基本(うろ覚えだけど)OR(気づいちゃったんだけどもしかして)っと使うようにしましょう。

 

もちろん実は最低限の知識は知っているので見当違いの発言はしな為「この子何でこんなに理解するの?頭いいな。こんなに話が弾む子なかなかいないな」っと好感をもってもらえることは間違え無しです。

 

「LINEで話した内容の振り返り」

 

話した内容を覚えておいてくれている=俺のこと興味ある&他の男の影があまりない

になります。

これは特に「モテそうで競争率高い」と思われている女性がやるとかなり好感が高い技です。

 

その為、私はデート前に今までに話した内容を振り返り携帯のLINEの自分1人のグループトークに箇条書きで要約を入れておきます。

LINEにする理由:開いていても不自然ではない。相手が席を立っているとき別のLINEを返しいたりする流れで確認できる。

 

何回かデートしてる相手はエクセルに基本情報をまとめて写真を撮って行きます。

写真にする理由:緊急で相手の情報を忘れた場合、旅行の写真を見せるなどの会話の流れでチェックできるため

 

やりすぎですか?

いや、私はそうは思いません。

相手の事を忘れてしまうことは失礼になりますし、私レベルになると同時進行で20人ということもあるので正直すぐ忘れてしまいます。

 

「最低限の気遣い」としか思っていません。

 

 

 

 

私がモテる理由⑤~常に相手が楽しんでいるかを考える~

 

よく自分よがりの女の子で「この人話がつまらない」とか「私の事褒めてくれない」とかいう文句を言う子いますよね?

何様?って感じがして私は好きではありません。

 

基本私は「話が盛り上がらないってことは私のことタイプじゃなかったのかな?」「どうしようつまらないのかな?」っと不安になります。

そもそもどうでもいい人とはデートに行かないので「相手にも楽しんでほしい」んです。

 

*よく顔を見たらタイプじゃないときもあります。

*話している間に性格が合わないと感じることもあります。

 

でもデートがスタートしてしまったからにはその2時間を最大限楽しめることがお互い一番有意義なお金と時間の使い方になります。

デートの約束をした時点で「楽しんでもらうし、楽しむぞ」は心に決めているのです。

 

自分との時間を「無駄だ!」っと思われることは女として非常にショックなことです。

昨日友達がいいことを言ってました。

「自分が楽しいと感じる時は、少なからず相手も楽しいと感じてるよね」

まさにそうです。なのでお互いが楽しいと感じることが重要です。

 

ただ男性は盛り上がると「俺に好意がある」っと受け取りがちなのでそうではないことは知っておいてほしいです。

 

正直、

①自分の時間を無駄にしたくない

②つまらない2時間より楽しい2時間のほうがお互いの為

③デート承諾した自分の義務

④この人のバックボーンを期待して盛り上げる

こともあります。

 

 

 

 

長くなりましたが、以上を私がモテる5つの理由とさせていただきます。

 

ストイックすぎるかもしれません。

そんな数多くの人からモテようとしてどうするの?っと思った方も大勢いると思います。

 

 

 

そこに関する批判は受け付けません。

なぜなら次回その本質に迫るブログを書く予定ですので♡

 

りの