ペアーズ体験記~六人目若手総合商社マン~つづき~

こんにちはりのです。

 

昨日書いた優良物件、若手総合商社マンのつづきを書きたいと思います。

 

 

まずはスペックのおさらいからしましょう。

 

ニックネーム:童顔商社君

年齢:25歳

年収:600万~800万

顔レベル:7(MAXは10)

イイネ数:130

 

1回目のデートではチャラい部分を一切見せずに駅まで送ってくれるという紳士具合でした。

いままでの中ダントツ優良物件の彼にりのはぞっこん中です。

 

2回目はすぐ翌週に約束しましたが、

実は最初にあった時に引っかかっていたことが1つだけあるんです。

 

彼は千葉の方の寮住まいで、たしかあの日は終電がなかったはずなんです。

たぶんりのがかなり酔っぱらっていたから気づかれないと思ったのでしょうが甘~い。って感じですね。

 

商社マンって常に銀座らへんで飲んでいるイメージありますよね?

あるあるパターンとしては近くで飲んでいた同期と合流?スナッパーあたりで女遊び?

 

良くない想像がめぐります。

 

 

まあべつに納得できる条件なら多少遊んでいても構わないですけど。

 

結婚前提

結婚は生活して行く上で不自由ない暮らしをさせてくれて、物知りで、顔がそれなりに良くて(子供にでるので)、スタイルがそれなりに良くて(子供に出るので)、頭が良くて(子供に出るし生活にも支障が出るので)、仕事ができる人じゃないと無理です。

正確は悪くても俺様でもなんでもいいです。私の事家族として別格扱いしてくれるなら他で遊んでいても子供に気づかれなければいいです。

 

楽な環境

彼氏だったら自分が一番であり遊んでいないこと。ただし、別のところで補えるなら多少はOKです。たとえば「デート代はすべて出す⇒合コン行くくらい許そう。」「私が飲み歩いてても文句言わない⇒本気じゃなく浮気ですむなら2回までは許そう」とかです。

 

 

考えかたがおかしいと言われればそれまでですが自分が納得できる条件とのバランスで童顔商社君があてはまれば天性の遊び人でも許します。

 

 

っと言うことでストーカー開始しました。

 

まずはフェイスブックです。

友達の数700人!!!!!!!

多いでしょ??

大学院や海外の学校出てる人なら納得できる人数ですが彼は海外留学してました。

なのでセーフ。

 

タイムライン見れるんですけど、、、、、

しかも、女の子と映ってる写真多いしグループでめっちゃ遊んでる感じのイケてるメンズです。

女子のクオリティもかなり高いです。

 

っとここで共通の友達を発見しました。

 

たまたま大学時代のサークルで仲のいい男友達だったので早速彼に情報を聞きます。

 

友人A「童顔商社さんと知り合いなの?会社の先輩だけどめっちゃ遊んでるよ~イケメンだし合コンでもち帰りとかよくしてるらしい」

りの「まじ、彼女は?」

友人A「わからないよ、そんな仲良くないしな」

りの「そっか~まあかなりモテるよね」

友人A「おまえ狙ってんの?無理だよ無理。CAとか読モとかと合コンしまくってるよあのイケメン周りは」

りの「わからないじゃん~~」

 

 

友人Aの話を聞く限りだめな気がしてきた。

 

 

そしてとうとう当日になりました。

 

童顔商社「りのちゃん!お待たせ。ゴメンネ仕事でギリギリになっちゃった」

りの「全然大丈夫ですよ。お仕事お疲れ様です♡」

(今回は最初から手を握ってきた~やっぱり今日が勝負だよな)

童顔商社「りのちゃん今日までに他の男と会ったりした?」

りの「1人だけ先週末に会いました。」

童顔商社「俺、もうりのちゃんしか興味ないんだけど。そういうのやだな。」

(え?めっちゃ勝手なんですけど~)

りの「童顔商社さんにお会いする前からお店も予約してくれていたので断れなくて、、すみません。」

童顔商社「そういうのは断ってほしい」

りの「でもこのあとは全部お断りしました」

童顔商社「わかった。それなら許すよ」

(え?許すって何?てか私たち付き合ってないでしょ?何なのこの人?束縛系?)

 

りの「美味しいですね、日本酒。お魚も美味しいし。」

童顔商社「そうなんだよ~ここ先輩に連れてきてもらってほんとにおいしかったからりのちゃん連れて来たくてさ」

りの「ありがとうございます。すごくうれしい」

 

日本酒はすごく酔いが回ります。2人で6合飲んだ時点でお互い結構酔っぱらってきてました。

 

童顔商社「りのちゃんてタイプの男はどんな人?」

りの「男らしくて、お仕事も一生懸命で、りのを大切にしてくれる人」

童顔商社「それ。俺って解釈でいい?」

(今日めっちゃ押してくるな。どうしたんだろう。)

りの「う~ん。(上目づかいで照れる)童顔商社さんのタイプも聞きたいな?」

童顔商社「もう言っていいかな?気づいてくれてない?ドンピシャでりのちゃんなんだけど」

りの「・・・・・(上目づかいで照れる)」

童顔商社「前回はいろいろ我慢したけど、それはりのちゃんに彼女になってほしかったからで付き合いたいと思ってる」

りの「・・・・・(上目づかいで照れる)」

童顔商社「ほんとは今日もずっと一緒にいたいっと思ってるよ。付き合ってほしいんだけどどうかな?俺ももう結婚も考えてるし」

りの「・・・・・(上目づかいで照れる)りのも最初会った時から好きかもしれないです」

童顔商社「それってOKってこと?」

りの「う~ん、でもまだ二回しか会ってないし、お返事は次でもいいですか?今、私たち酔っぱらってるし冷静なときに話しませんか?」

童顔商社「そうだよね。確かに、次は昼間に会おう。今日まだ10時だし、もうちょっと飲もうか?」

 

さらに2合追加しました。

 

最終的には2人で1升です。

恐ろしい量を飲んだため2人ともヘロヘロです。

 

帰り道はほぼ覚えてません。

たぶん路チューしたし結構触られたと思います。

 

気づいたら、、、、、

朝、ホテルで寝てるし!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

ちなみに私はベッドに寝かされていて童顔商社君はソファーで寝てたんです。

もちろん服も一切乱れてないんです。

 

 

危険すぎる、、、っと思い友達にメールメール!!!!!!!!!

 

焦りすぎてどうしようとパニックで、みおとまこにメールです。

 

そしたら後ろから声が聞こえました。

 

童顔商社「なにそれ?男?」

りの「ちがうよ。友達だよ」

童顔商社「見せろよ。」

りの「ちがうってば」

 

童顔商社君はりのから携帯を取り上げて中を確認します。

 

童顔商社「あ、ほんとだ。りの、疑ってごめんな。」

 

りのが悲しい顔をすると、

(ゴメンネとギュっとされる。頭ポンポンされる。無駄にいろんなとこにフレンチチューされる。)

 

これってもしかしてDVっ気あるんじゃなないのか?

酷い態度とってこっちが悲しそうにすると無駄に優しくするやつですよね?

束縛しまくりなんじゃないのか?

 

っと脳裏によぎります。

 

 

とりあえず、2人でホテルを出ました。

 

りの「すごくよっぱらっちゃったみたいで、ほんとにすみません」

童顔商社「俺が我慢するのどれだけ大変だったか。わかってね」

りの「ありがとうございます」

童顔商社「次は昼間に会うって話してたの覚えてる?ドライブ行こうね。来週土曜日空いてる?」

りの「今。予定解らないんであとでメールしますね♡」

(なんかこの人怖い。怒らせないようにしなきゃ。。)

 

りの「本当にすっごい楽しかったです。本当に本当にありがとうございました♡(上目づかいで照れる)」

童顔商社「かわいすぎるから」

(ギュッとしてくれて改札まで送ってくれました。)

 

 

ふ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

危険察知!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

束縛お化けのDV男の可能性99%!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

もう恐ろしいのでこのままブロック!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

りの