ペアーズ体験記~六人目若手総合商社マン~

こんにちは、りのです。

 

異動の時期で急に忙しくなり、、しばらくブログがUPできてませんでした。

 

ちょこっと落ち着いてきたので書きますね。

 

りのが大好き商社マンから「いいね」キタ~~~~~~~~~~~~

すこし、テンション上がり気味です。

 

なぜなら肉会には商社マンたくさんいるのにペアーズあんまりいないんです。

「大手企業」ってメーカー?商社?何なの?って思ってしまう表記で自己紹介文に大手商社と書いてあったので食いつきました。

 

総合商社のみなさん、自己紹介文に大手総合商社と記載してほしいです。

 

ペアーズはべつに堂々と婚活目的としたアプリなので婚活パーティーで出すくらい、自分にとって有利な情報は開示すべきです。

遊び半分の人は出さなくていいですが。

たまに、にちゃんねるとかで「大手総合商社で働いてます」とか「六本木の外資系金融で働いてます」とかアピールしすぎで

ウザいとかいうロースペックがいますが、出してナンボでしょ?って思います。

 

世間一般のロースペックの僻みは無視してかまわないと思います。

現に女子はほとんどそんなこと思いませんから。

きちんとわかり安き職業書いてくれてる。「いいね!ありがとう」って感じですよほんとに。

 

 

また話がズレてしまいましたが、そろそろ本題へ。

 

気になる彼のスペックは

 

年齢:25歳

年収:600万~800万

顔レベル:7(MAXは10)

イイネ数:130

 

顔は体育会系って感じなのですがちょっと童顔よりな感じがまさにタイプでした。

タイプというか世間一般からしてかなり需要あるスペックかと思います。

 

なぜイイネがそんなにないかというと、

・いいねは増え続けていたので初めて2週間くらい?

・身長が174cmだったので175でフィルターする女子には引っかからない。

・基本自分から検索しない

・学歴空欄で自己紹介文にのみ記載

 

この彼、たいして真面目にやってないなとすぐにわかりました。

このスペックなら普通にプロフ埋めて待ってれば2週間で500くらい行くと思います。

 

ってことでこの物件かなり美味しいぞ!っと期待してしまいました。

 

彼の事は「童顔商社」くんっと呼びますね。

 

 

メッセージもすごく長くて丁寧だし、会話のキャッチボールもできる感じです。

商社マンって協調性あるから好きです。

外資系って協調性なくて自信満々すぎるから真逆の人種ですよね。

 

なかなかLINEと言い出さないのでメッセージを初めて10日後に私からLINE移行を提案しました。

移行するきっかけになったのがお互いお酒が好きということで盛り上がり今週末飲みに行こうってなったからです。

 

普通その会話する前にLINE移行提案してくるのですが、真面目なんでしょうか?

 

お店についても

童顔商社「りのちゃん、場所と時間希望あるかな?」

りの「19時以降ならどこでも大丈夫ですよ」

童顔商社「わかった。じゃあ俺おススメの銀座のワインがおいしいビストロと赤坂の日本酒とお魚がおいしい和食があるんだけどどっちがいい?」

りの「え~どうしよう、、、どっちも行きたいけど。う~ん。ビストロがいい!」

(おっ、このパターンはできる男によくあるやつだ。過去3人このタイプに出会ったがりのは全員タイプだった覚えがあるので期待値が上がる。)

 

 

そして、デート待ち合わせです。

りのはウキウキだったため今回は遅刻せず5分前につくという奇跡の展開です。

 

でも、彼はさらにできた。

10分前に「もうついてるから着いたら電話頂戴ね」

っと携帯番号が送られてきました。

 

(きゃ~~~!できる!!!)

 

着いたので、電話を鳴らそうとおもったら、、、

童顔商社「りのちゃん?」

 

顔を上げると

(ちょちょちょちょっとまってちょとまってお兄さん!イケメンすぎるだろ~)

 

今回はりのが「ニヤリ」

恥ずかしくて彼の顔は見れずでした。

 

りの「よくわかりましたね。童顔商社さん」

童顔商社「写真のまんまじゃん。誰でもわかるよ」

りの「よかった。ありがとうございます」

童顔商社「実はさ今日楽しみにしすぎて、30分前についちゃったんだよね。笑」

 

(ハニカミががわいすぎるではないですか?)

 

童顔商社「ここだよ」

 

ビルの細い階段を登っていくと、こじんまりとしたビストロがありました。

 

(なんでこんなとこ知ってるわけ?絶対遊び人じゃないですか。)

 

りの「わあ、素敵隠れ家みたいですね。何でこんなとこ氏言ってるんですか?」

童顔商社「実はね、今日りのちゃんに喜んでほしかったから会社の先輩に色々聞いたんだ。実は俺も初めて」

 

もうさ、この人はなぜこうも女子のハートをつかむようなことをさらっというんでしょう?

素敵すぎる。

 

好きになってまうやろ~~~~~~ってやつです。

 

 

お料理も好き嫌いないと言ったら全部決めてくれて、飲み物は乾杯のスパークリングから。

 

りの「ほんとにお料理もワインもおいしい。ありがとう」

童顔商社「りのちゃん可愛いし出会いもたくさんありそうだけど、なんでペアーズやってたの?」

りの「実は女子会で酔っぱらった勢いでフリーの女子5.6人で登録したんですよね。結局みんな2週間から1か月でやめましたけど」

童顔商社「じゃあ、俺はラッキーだったわけだ。これも何かの縁だね」

りの「そうですね。でも、童顔商社さんこそすっごくモテそうですよ、職業柄合コンとかも多そうだし」

童顔商社「あ~そりゃ飲み会は多いけど、会社名で釣られてきた女の子ばっかりだし興味ないかな?同期との付き合いって感じだよ。」

りの「そうなんですね。」(りのも大手商社につられた、、、、)

童顔商社「りのちゃん次何飲む?メイン来るし赤ワインにしようか?まだ飲める?」

りの「まだ大丈夫です」(シャンパンと白2杯だし余裕!)

童顔商社「すみません。これボトルで」

 

(ボトル入れたよ。商社マンがボトル入れるときスイッチ入った証拠なんだよな。まあ印象は悪くないってことか。)

 

りの「この赤ワイン飲みやすいですね」

童顔商社「そうそう。俺のこれが一番好きでさ」

りの「やっぱりなんでも詳しくて尊敬します。きっとお仕事もすごくできるんでしょうね。」

童顔商社「いや、まだまだペーペーだよ。だから毎日終電まで仕事だし、ノー残業デーくらいは早く帰れるからこうやって飲みに来れるけどね。普段は社畜ってやつだよ。」

りの「終電までなんですか。貴重な日をありがとうございます。やっぱりお仕事大変そうですね><」

童顔商社「大変茶大変だけど、やりがいあるよ。~~~~~~~~」

(お酒が入ってきたみたいで童顔商社君は仕事の話を生き生きと始めた。)

 

童顔商社「あっゴメン。俺ばっかり話しちゃった。りのちゃんほんとに話しやすくていい子だね」

 

りの「いろいろ聞けて楽しいですよ。○○って、、、」

 

童顔商社「それはね、、、、、、さっきから思ってたんだけど、りのちゃんて頭の回転早いよね?話しててすごく楽しい。」

 

でました!必殺ハイスペ殺し。

りのの得意技です。数知れずのオジサマやお兄様たちと大学時代に対戦した結果、ほぼすべての職種大体理解してます。

ただの相槌ではだめで女は顔と教養スタイル愛嬌、優しさ、家庭的な部分すべてを小出しに場rン菅とれていることが重要なんです。

 

女なんて整形や化粧で取り繕って世間の6割は普通に可愛いんだからそこから秀でる他の要素をいくつ持っているかだと思っています。

 

童顔商社「そろそろ出ようか?お会計お願いします」

 

 

りの「いくらですか?」

 

童顔商社「ここは俺出すから次軽く一杯付き合ってくれる?それはお願いしちゃおうかな?」

 

りの「あっありがとうございます。はい!もちろんです。」

 

 

お店移動途中、、、

 

童顔商社「りのちゃん、今日はほんと楽しいよ。ありがとね。あそこによく行くバーあるからそこにしようか」

っとりのの手を取りお店に向かいます。

(軽やかな手つなぎ。やはり慣れている。)

 

りの「あのね、りのもすっごいたのしいです。実はね童顔商社さん高校の時に大好きだった先輩に似てて始めて会った気しないんだ。すごく居心地いいです。」

(デビルスマイル!!!!!!!)

 

童顔商社君、急にこっちを見て腕を引っ張ろうとしましたが抑えました。

そりゃあ、ギュッとしたくなっちゃうタイミングです。

 

二軒目で飲み始めて一時間半、、、

童顔商社「りのちゃん日本酒も好きって言ってたじゃん、恵比寿におすすめのお店あるから今度一緒にいこうか?」

りの「え~いきたぁ~い♡」(完全酔っ払いです)

童顔商社「じゃあ来週の金曜にしよう」

りの「うん!わかったぁ~(予定あるけどこっち優先でしょ)」

童顔商社「りのちゃん、忙しそうだから空いてないかと思った。嬉しいよ。今週末は何する予定なの?」

りの「友達と女子会して、おばあちゃんの誕生日なので千葉の実家に顔出します。」(デートだよ土日とも)

童顔商社「そっか、家族思いなんだね」

りの「そんなことないです。おばあちゃん子なので。」

童顔商社「あっ、そろそろ終電だよね。送っていくよ。」

りの「ありがとうございます。」

 

なぜか二軒目のお会計はりのがトイレ中に済んでいてかなりスマートな童顔商社君です。

こんな優良物件あっていいのか?っと頭は混乱中。

 

改札まで送ってくれて、りのは完全に童顔商社君に惚れそうです。

 

童顔商社「今日はありがとう。りのちゃん遅くまで連れまわしちゃってごめんね?ホントに楽しかったよ。」

りの「りのもすっごいたのしかった。来週たのしみにしてるね♡」

 

最後にギュッといい子いい子してくれて胸キュンのりのでした。

 

健全に終電で帰ってこれは完全な優良物件です♡

 

 

 

 

ってことで、、、、

 

 

 

もちろん~~~~~~~~~~~~ブ、、、、、、、、のわけナイナイ!!

 

 

 

継続!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

りの