ペアーズ体験記~二人目ヤリモクメンズ~

実は一人目の翌日にすぐ二人目と会いました

ざっとスペックはこんな感じ

 

年齢:29歳

年収:600万~800万

顔レベル:3.5(MAXは10)

イイネ数:150

 

これも俗にいう人気会員です。

身長も175cmだし顔もタイプっぽかった。

 

っと言うことでいいねありがとう

 

確かのこ人も登録2日目くらいでいいねを押してきた。

絶対毎日登録3日以内の女子を見張ってるタイプだろう。

 

ながれも早い、慣れている。

すぐにLINEだし、すぐに会おうと。

 

しかもなんだか自分が人気会員で勘違いしてしまっている系だった。

メールがイタイ。とにかくイタイ。

 

じかも自分勝手で空気読めない。

会いたくなかったのだが、約束をしてしまった手前会うことにした。

あと身長と顔がまあタイプなので中身が微妙でも少しは楽しめるかと思い。

 

ところが、

待ち合わせは新宿アルタ

え?学生的な待ち合わせ!ありえない!

 

待ち合わせ。

背がまあまあ高いはずなので見渡した。

いなくね?背高い人。

 

LINE電話が来た。目の前に電話してる人がいるけど、

顔違うし背が170くらいしかないし。

 

って、まさかのその人だった。

写メ詐欺?身長詐欺?

詐欺しすぎなので「詐欺男」と呼ぼう

 

おわってる。

 

もう帰りたい。

 

詐欺男「お~!よろしくね~、いこ!」

めっちゃ上から系なんですけど、、、、

 

詐欺男「店予約してないんだけど適当で平気?」

は?まじないわ!

 

詐欺男「ここでいいか」

え?そこまじでカスい居酒屋

 

平日だったので問題なく入れましたがよくあるチェーン店。

ご飯不味いので、

詐欺男「私飲むとあんまり食べないので任せますよ、食べ物は」

 

はぁこういう店はお酒も安いので、本格焼酎の水割りしか飲めたもんじゃない。

 

とりあえずスタート

 

 

りの「なんかメールでほとんど話してないですよね?お仕事お忙しいんですか?」

詐欺男「そんなことないよ~、メール苦手なんだよね」

りの「あっ、そうなんですね?」

詐欺男「りのちゃんて何人か会ったの?」

りの「まだ始めたばかりなのでおひとりだけあいました」

詐欺男「どうだった?」

りの「いい方でしたよ。でもタイプではなかったです。詐欺男さんは?結構会ってそう」

詐欺男「そうだね、4人くらいかな?」

りの「どうでした?」

詐欺男「イヤー写真と全然違う子ばかりでさ」

りの「あっ、すみません私も多少詐欺してるかも」(おい、お前の詐欺度合のがひでえよ)

詐欺男「りのちゃん少しだけじゃん。セーフセーフ」

りの「・・・・・苦笑」(何だこの失礼な奴まじでないわ)

 

ここからは詐欺男の自慢話

 

 

途中でトイレに行く詐欺男、なんと戻ってきたら隣に座ってきて

ここからベタベタタイムスタート

 

ほっぺ柔らかいね~

二の腕触らせて~

足いいね~スリスリ

 

 

やめてくれ。詐欺男。

 

とりあえず私は我慢我慢。

 

 

そして終盤に

詐欺男「りのちゃんいいね。気に入ったから今度いつ会う?」

りの「あっ、スケジュール表忘れちゃったのでメールしますね」

詐欺男「とりあえず仮で決めとこうよ!明日は?明後日は?」

りの「ちょっとわからなくて、、、明後日だったら平気かも?でもわかりません」

詐欺男「じゃあ明後日で」

りの「え?ええ!!とりあえず連絡します」

 

なんだよこの上から。

俺が会ってあげるよ二回目バリの感じ。

 

お会計はさらっとお支払してくれたのだけは合格ですが他がひどい。

 

 

最後の極めつけが駅まで送ってくれたのはいいのだが改札前でキスを迫られる。

 

なんでやね~ん!

 

もちろんかわして、キュートスマイルで回避。

 

 

とりあえず詐欺男には後日お断りして即ブロック!!!!!!!

 

 

最悪でした。

 

 

りの