読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒豪ガールの合コン日記~私たちが合コンをする理由~

♡酒豪ガールの合コン日記♡

こんにちは、お久しぶりです。

りのです。

 

このブログを始めたきっかけをふと考えてみました。

最初は、数々こなした合コンについて何かに記しておこうと思ったからでした。

合コンでは普段仕事をしているだけでは出会えない職業の方とも知り合いになれます。そこから自分の世界観が広がることもたくさんありました。

 

海外留学をしていた時にも同じような感覚になったことはありました。

「自分はなんて小さな世界で生きていたんだろう」

別に知らなくても不自由なく生きていけるようなことですが、知っておいて損するようなこともありません。

自分にとっての世界が広がることは、自分の未来にプラスになることだと思っています。

 

この酒豪ガールの活動も、「会社に行って働いて、アフター5をそれなりに楽しむ」といった生活の中では得られない様々な経験を出来ました。

電子書籍を書かせていただいたり、テレビ出演させていただいたり、漫画を描かせていただいたり、会ったことない方々の役に立つことができたり、酒豪ガールの活動を始める前には思いもしなかった経験をたくさんさせてもらいました。

 

それもこれも、あの日、まこちゃんと新橋の立ち飲み屋で話したのがきっかけでした。

合コン話が女子会であまりにもウケがいいので「ブログで私たちのくだらない恋活書いちゃおう!」と完全にノリで始めたものがここまでなるとは思いませんでした。

 

 

酒豪ガールの誕生の元になった「合コン」。なぜ私たちはにハマっていたのでしょう?

 

考えてみることにします。

 

 

1.出会いのため

 

単純に「出会いを求めて合コンをする」

これが合コンのスタートでしょう。

 

彼氏が欲しい→出会いがない→出会いの場に行かなくては!→合コンに参加

 

このような考えで合コンをする人がほとんどだと思います。

 

酒豪ガールもそうです。

 

 

2.女友達が増える

 

社会に出てから、新しい女友達が増えるなんてことほとんどないですよね?

社会人サークルに入ったり、習い事をしてもものすごく仲良くなれることって稀だと思います。

 

でも同じ目標(「彼氏を作る」「結婚する」)を持って活動する仲間は、昔部活でチームを組んでいた仲間のように仲良くなると思っています。

 

社会人になてからでもこんなに仲のいい友達ってできるんだ!と合コンに行く楽しみが増えました。

 

 

3.いろいろな業界に詳しくなり仕事にもプラスに

 

普通に仕事をしていると自分の会社の立場からの見方はできますが、周りの関係会社の人たちの見方はなかなか難しいですよね?

 

社会人になってすぐには自分の会社の立ち位置でさえ把握するの難しいのに、関連会社の立ち位置や思っていること、置かれている状況を把握するなんて不可能だと思います。

 

でも、合コンでは普段関わることのない会社の人や自分たちの取引相手になる会社に勤めている人の話も聞けます。

だいたい酔っ払ってくると男性は仕事の愚痴が出てくるのでそれを聞くだけでものすごく勉強になります。

 

今までも「ああ、だから◯◯さんあんなこと言ってたのか」とか相手の立場を理解して仕事ができるようになると思います。

 

 

 

このように、「合コン」で得られることはたくさんあります。

でも実際年間200回以上の合コンをしてみて女友達や仕事に対する考え方はいい方向に行ったと思いますが、男性関係については考えるところがあります。

 

たくさんやればやるほど「彼氏が欲しい」とか「結婚を目標に」とかそんな考えがなくなってきます。

先週の合コンで出会ったイケメンでハイスペックなAくんから誘われたデートよりも、仲のいい女友達と新しい男性と出会える場に行った方がいいと思ってしまうからです。

 

彼氏を作る<新しい出会いと発見

 

今はきっと、こういう状態なのでしょう。

 

 

「この人のためならと自分が養う覚悟ができる男性」

「自分に思いっきり好きなことをやらせてくれる男性」

「お互い条件が一致し、愛以外の感情でも繋がっていられる男性」

 

そういう人が現れるまで、自由気ままに合コンに行きたいと思います(笑)

 

 

 

 

そんなゆるい考えだと親を心配させてしまうので、最悪結婚できなくてもいいようにきちんと自立しておかないと♡

 

 

りの