読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒豪ガールのつぶやき~私が告白されない理由~

お久しぶりです。

りのです。

 

私、モテないんですよね。

この記事に書いた通り理由はたっぷりあります。

 

実際、年に相当な人数と出会っているのに告白なんてほとんどされないです。

一緒に活動している友達は毎週3人くらいから告白されています。

「同じように出会いがあるのに、なぜ私は告白されないんだろう?」と考えてみました。

 

 

皆凄いですよね?モテますよね?羨ましいですよね?

 

 

ん?いや。羨ましくはない。

 

そうです。気づいてしまったのです。

 

そもそも周りの恋活女子たちとは目標が違ったんです。

 

イケメンでハイスペックの男性たちにチヤホヤされて、彼らに求められることによって自尊心を保つ女性は多いです。

「私は〇〇ちゃんよりモテる」

「私はイケメンに告られた」

「私はこの中で一番可愛いと言われた」

 

 

基本的に恋愛市場にいる女子は基本この傾向にあると思います。

 

 

しばらく観察して分析をしてみました。

チヤホヤされたい女子の特徴です。

 

①誘われたら基本断らない

デートに誘われたら基本的に行く。相当キモい場合は1回で終わっているが、一緒に歩いて恥ずかしくないレベルの男性だと誘われ続ける限り行っている。

 

②相手に好意があるアピール

正直微妙な相手でもきちんと好意があるアピールを無意識にしている。LINEや会った時の態度もまるで本当に彼の事を好きかのような行動。

 

③自分から決定打は言わない

自分から決定的な「好き」「付き合って」「デートしよう」などは言わない。そのギリギリをチラつかせて向こうに言わせる。

 

④去っていくものは追わない

切られる前に相手を切る。切り捨てられた場合は追いかけないが、目を背け切られたと認めず「自分があしらったからわるかった」などと都合のいい解釈をする。

 

 

彼女たちはこれを繰り返して「元々脈がなかった男たちからも告白させて自尊心を保つ」んです。

告白されると「いい人なんだけど。ちょっとな~」と言い出すのがこの生き物の特徴です。

 

 

彼女たちがデートに行っている男性・・・・正直ゲテモノすらいる。(たまにいいのがいる場合もあるが1割にも満たない)

彼女たちが告白されてる男・・・・最後の最後で悩んでいるフリしてるけど最初から付き合うの無理なレベル。(もしくはチャラ男のセカンド)

 

 

確かに男性に求められて、好きと言われて嫌な気はしないでしょう。

 

表面上、話だけ聞くとたくさん告白されて真面目に考えてくれる人がたくさんいて羨ましいという女子は多いかと思いますが、そもそも付き合うつもりがほとんどない男の人に告白させるって酷い事だと思いませんか?

 

「体目当ての男」と同じくらい「告白目当ての女」がいるの事実だと思います。

男性の方は考えてみてください。俺の事確実に好きだと思ったから告白してあげたのにフラれたなんて経験もあるのでは?笑 

 

 

”彼の事が好き”ではなく。

”たくさんの男性から引っ張りだこの私が好き”だから不特定多数の男性に媚を売るのでしょう。

 

それって幸せなのでしょうか?

 

 

もちろん、ナンパや合コン、アプリで出会いを増やすのはいいことです。

それで自尊心を保つために男の人を使うのはよくないと思います。

好きになる可能性がない男を引っ張って何回もデートに応じて最後に振る女は私には理解ができません。

 

会った瞬間に「恋愛関係になりたいかどうか」は決まっていると思います。

少なからず私は会った瞬間に決まっています。

 

話していてマイナスになることはあっても「恋愛対象外」から「好き」になることは皆無です。

なので私は「私が本当はモテていない6つの理由」で書いた通り早めに「好きになる可能性が低い男性」は切ります。

お互い時間の無駄です。

女性は直感の生き物なので基本的にみんな「トキメキ判断」出来るはずなんです。

 

わたしは100%「トキメキ判断」しています。

 

・美味しい御飯に連れて行ってくれるけど好きになる可能性20%の男性

・毎回高級店で奢ってくれてプレゼントもくれる好きになる可能性5%の男性

・年収1200万ですごく優しい好きになる可能性45%の男性

・私の事を好きと言ってくれる好きになる可能性が35%の男性

 

基本このくらいだと切ってしまいます。

なぜかと言うと「好きになる可能性」と言っている時点で気持ちが動くことはなかなか無いのです。

 

・自分の価値が急に下がる

・相手の価値が急に上がる

・プライベートでこころ動く事件が起きる

・周りの環境に焦らされる

 

環境の変化から総合的に判断して冷静に付き合いたいと思った場合にしか一歩踏み出すことはないと思うからです。

 

「好き」と言うのは単純で会った瞬間、話して15分以内でほぼほぼ決まってしまうのです。会ってしばらく話して「私この人好きかも。もっと知りたい。」と思った場合は好意を分かりやすく伝えますが、それ以外の場合は特に伝えません。

その場だけ楽しく過ごすために、最大限愛想は振りまきますが二度とその人に会うことはないでしょう。

 

嘘の言葉は言いません。

 

連絡がどんなにきてもお互い時間の無駄になるので会うことはないでしょう。

ただ稀にものすごく暇だったときは除きますが(笑)

その場合は興味はないことは伝えて友達として飲みに行きます。

 

こんな行動をとっていたら告白なんてほとんどされません。

 

ほんとうに私はモテない(笑)

 

 

「好きかも!ありかも♡いいかも??」となった男性はやはり自分にはハードルが高いので成功率は35%です。そもそもそんな感情が動かないのにこの打率は低すぎます。

せめて50%は超えたいのですが・・・

 

それでも、直感的にトキメキがない相手に仕掛けることはないです。

相手の時間も無駄にするし、自分の時間も無駄になるのでそこだけは一生変えないと思います。

 

稀に「いいかも♡」と思って攻めたのに会っているうちに幻滅というパターンで相手に申し訳ないことになってしまうこともありますが、最初は素敵と思っていたので問題ないですよね?♡

 

なぜこんな話を書いたのかというと、先週末ともだちの結婚式で「勝ち組妻」がこんなことを言っていたからです。

「告白なんて人を選べば簡単にさせられる。興味のなかった男に告白させる女は二流。本当に落としたい男にだけ告白させるのがいい女だよ。」

 

 

 

「いいかも♡」と思わない男の人と食事に行ったりデートしたりしている女性の皆様はぜひ考え直してほしいです。

 

 

どうでもいい男の人で自分を消耗するのもったいないよ♡

男の人にチヤホヤされて自分の価値を再確認しなくてもわかってくれる人はたくさんいますよ♡

 

りの